よもぎ

よもぎは、日本全国いたるところに自生している野草です。
残念ながら、最近のアスファルトに覆われた地面ではなかなか目につきません

よもぎは 特有の香りがあり、古来より、新芽を茹でておひたしや汁物の具、天ぷら、草餅など、身近な食用として使われていました。

また薬用として、葉を乾燥させて裏側の綿毛をもぐさとして灸に使ったり、葉を止血用の薬として使用してきました。


よもぎの香りの成分ともなっているシオネールですが、高い殺菌、鎮痛、保湿効果があり、あせもの症状を改善する効果も期待できるとされています。

よもぎを入浴剤として使うことであせもに対して効果的なだけではなく、
肩こり・冷え性・腰痛・リウマチ・痔・乾燥肌・ひび・あかぎれなどにも効果があると言われています。





よもぎ湯にするには、
まずよもぎの葉をよく水洗いした後に日陰で乾燥させます。
その後乾いたよもぎの葉を細かく刻んで布袋に包み、そのままお風呂に入れるだけでOKです。
その際、お湯が沸いてから入れるのではなく、まだ冷たいうちから入れてお湯を沸かすと有効成分がよく染み出てあせも予防の効果もより期待できるでしょう。
乾燥していないよもぎの葉を使用する場合は、倍の分量が必要です。




このよもぎ湯の薬効成分は皮膚を通じて全身に広がり、
あせもの治療以外にも、身体にたまった老廃物排出の促進や、
疲労回復などにも効果が認められています。


現在では、自宅でよもぎを扱うことは少なくなりましたが、
よもぎの成分を配合した入浴剤やローション、クリームなどが多く売られており、手軽に手に入れることができます。



この記事へのコメント