重曹

重曹
一般的には調理用のベーキングパウダーや、ソーダ飴のように炭酸ガスを発生させる食品添加物としての働きが多く注目されています。

また、研磨効果や鹸化(乳化)効果から、洗剤や洗剤の補助として、使用されたりもしています。

これは重曹(重炭酸ナトリウム)が、水質汚染で問題とされるBOD・COD値がなく、環境ホルモンも含まれていないため環境にやさしいとされ、食品添加物としても使用できるくらい人体に対して安全であることから普及しているものです。



この重曹ですが、あせも対策にお風呂に入れると効果が高いということが知られています。

薬を塗るほどでもないし、もちろん病院に行くほど重篤でもない場合、浴槽に大さじ1杯分の重曹を入れると、かゆみがとまります。

この重曹入りのお風呂は、肌の殺菌効果を高めるため、効果があるようです。







あせものほかの肌荒れにも効き、ガサガサした肌もなめらかになります。

もともと重曹はアルカリ性のため、酸性のものを中和させる働きがあります。

汗をたくさんかいて臭いが気になる方などは、重曹で制汗スプレーを作るのもお勧めです。水(100ml)・ハッカ油 1~2滴・重曹(小さじ1)を混ぜ合わせ遮光ボトルに入れて持ち歩くようにできます。

乳幼児や妊婦さんにはあまりお勧めできませんが、市販の制汗スプレーよりも効果があるとの口コミも見られます。




この記事へのコメント